今読むべき優良ビジネス書が
すぐ見つかり、読んだ本を
しっかり自分の知識にするサイト

本を検索する

カテゴリーから探す

人気のタグ

お知らせ


Android無料アプリ配信中
2019/12/09更新

1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え

  • 古典的
  • トレンドの
  • 売れ筋の
  • すぐ使える
  • 学術系
  • 感動する
  • ひらめきを助ける
  • 事例が豊富な

対象読者:

アマゾン詳細ページへ

最高のチームのつくりかた

スティーブ・ジョブズや、エリック・シュミット、ラリー・ペイジをはじめ、多くの成功したシリコンバレーの経営者たちに影響を与えたコーチ、ビル・キャンベルのコーチング手法を紹介している一冊。


■1兆ドルの価値があるコーチ
ビル・キャンベルは1983年に西海岸に来て以来、アップルやグーグル、インテュイットをはじめとする多くの企業の成功に重要な役割を果たした、テクノロジー業界のかけがいのない存在だった。

ビルは、スティーブ・ジョブズが1985年にアップルを追放された時、それに抵抗した数少ない幹部の一人だった。スティーブは彼の誠意を忘れなかった。1997年にアップルに復帰後、ビルを新しい取締役に指名。以後、ビルはスティーブの相談相手であり、コーチ、メンター、友人となった。

彼は、スティーブ・ジョブズと仕事をする間も、他の多くの人たちに力を貸した。エリック・シュミット、ラリー・ペイジをはじめとするグーグル幹部たち、イーベイ元CEOジョン・ドナホー、元米国副大統領アル・ゴア、ツイッター元CEOディック・コストロ、フェイスブックCOOシェリル・サンドバーグ。

ビルは1兆ドルにも値するコーチだった。彼は個人のパフォーマンスを最大限に引き出すことに専念するだけでなく、チームをコーチした。グーグルでは社内研修で彼の経営原則を次世代リーダーに教えている。

超短要約

■ビル・キャンベル
ビル・キャンベルは1983年に西海岸に来て以来、アップルやグーグル、インテュイットをはじめとする多くの企業の成功に重要な役割を果たした、テクノロジー業界のかけがいのない存在だった。

ビルは、フットボールのコーチのキャリアから始まり、39歳の時、広告会社に就職してビジネスの世界に入った。その後、コダックで消費財部門の責任者を務めた後、アップルのCEOになったジョン・スカリーに呼ばれ、アップルに入社。セールス・マーケティング担当副社長に昇格し、「マッキントッシュ」の発売を任された。ビルはその後、アップルをスピンオフしたソフトウェア会社のCEOを経て、インテュイットのCEOに就任し、同社の成長と成功を導いた。

ビルは、スティーブ・ジョブズが1985年にアップルを追放された時、それに抵抗した数少ない幹部の一人だった。スティーブは彼の誠意を忘れなかった。1997年にアップルに復帰後、ビルを新しい取締役に指名。以後、ビルはスティーブの相談相手であり、コーチ、メンター、友人となった。

著者 ジョナサン・ローゼンバーグ

グーグルCEOアドバイザー ラリー・ペイジ、セルゲイ・ブリンと初めて会ったのは2000年で、2年後に3度目のオファーを受けてグーグル入社。 グーグルではシニア・バイスプレジデントとして2011年4月までプロダクトチームの責任者を務め、消費者、広告主、パートナー向けプロダクトの設計、開発、改良を指揮。採用プロセスの確立にも携わったほか、コミュニケーションとマーケティング業務の整備でも影響力を発揮した。 現在はラリー・ペイジCEOのアドバイザー。 グーグル入社以前はエキサイト@ホームでプロダクトとサービスの責任者を務め、アップルでは「eWorld」プロダクト群のマネジメント、ナイトリッダー・インフォメーション・サービシーズではプロダクトマーケティングを担当した。

著者 エリック・シュミット

1955年生まれ。Google 元会長 2001〜2011年までGoogleの最高経営責任者(CEO)を務め、創設者のサーゲイ・ブリン、ラリー・ペイジとともにGoogleの技術や経営戦略を統括してきた。2011年から2015年まで、グーグル経営執行役会長。2015年から2018年まで、グーグルの持株会社アルファベット経営執行役会長。現在はグーグルとアルファベットのテクニカルアドバイザーを務めている。 Google入社以前は、ノベルの会長兼CEOやサン・マイクロシステムズの最高技術責任者(CTO)を務めていた。それ以前は、ゼロックス Palo Alto Research Center(PARC)で研究員を務め、Bell Laboratoriesやザイログに勤務していた。

著者 アラン・イーグル

グーグル エグゼクティブ・コミュニケーション責任者 2007年グーグル入社。以来、エグゼクティブ・コミュニケーション(経営幹部の広報)担当ディレクターを務める。エリックやジョナサンを含む複数の幹部のためのスピーチ作成のほか、さまざまなコミュニケーション活動を指揮。 グーグル入社以前は、テルミー・ネットワークスやオクテル・コミュニケーションズなど複数のシリコンバレーのベンチャー企業で営業やプロダクト・マネジメントを担当。

この本を推薦しているメディア・人物

帯
グーグルCEO スンダー・ビチャイ
ビジネスブックマラソン ビジネスブックマラソン
土井 英司
帯2 帯2
アップルCEO ティム・クック
帯3 帯3
ユーチューブCEO スーザン・ウォジスキ
帯4 帯4
フェイスブックCOO シェリル・サンドバーグ
週刊ダイヤモンド 2019年 12/14 号 [雑誌] (駅・空港 パワーランキング) 週刊ダイヤモンド 2019年 12/14 号 [雑誌] (駅・空港 パワーランキング)
三省堂書店有楽町店係長 岡崎 史子
週刊ダイヤモンド 2019年 12/21 号 [雑誌] (伝える! 震わす!  ビジネスパーソンのための書く力。) 週刊ダイヤモンド 2019年 12/21 号 [雑誌] (伝える! 震わす! ビジネスパーソンのための書く力。)
リブロプラス 商品部 昼間 匠

章の構成 / 読書指針

章名 開始 目安 重要度
CHAPTER1 ビルならどうするか?――シリコンバレーを築いた「コーチ」の教え p.21 24分
CHAPTER2 マネジャーは肩書きがつくる。リーダーは人がつくる――「人がすべて」という原則 p.61 39分
CHAPTER3 「信頼」の非凡な影響力――「心理的安全性」が潜在能力を引き出す p.125 24分
CHAPTER4 チーム・ファースト――チームを最適化すれば問題は解決する p.165 39分
CHAPTER5 パワー・オブ・ラブ――ビジネスに愛を持ち込め p.229 24分
CHAPTER6 ものさし――成功を測る尺度は何か? p.269 8分

この本に影響を与えている書籍(参考文献、引用等から)

シリコンバレー・アドベンチャー―ザ・起業物語 シリコンバレー・アドベンチャー―ザ・起業物語
[Amazonへ]
HARD THINGS HARD THINGS
[Amazonへ]
GREAT BOSS(グレートボス): シリコンバレー式ずけずけ言う力 GREAT BOSS(グレートボス): シリコンバレー式ずけずけ言う力
[Amazonへ]
マインドセット「やればできる! 」の研究 マインドセット「やればできる! 」の研究
[Amazonへ]
ジェフ・ベゾス 果てなき野望 ジェフ・ベゾス 果てなき野望
[Amazonへ]

ユーザーのしおりメモ (0)