今読むべき優良ビジネス書が
すぐ見つかり、読んだ本を
しっかり自分の知識にするサイト

本を検索する

カテゴリーから探す

人気のタグ

お知らせ


Android無料アプリ配信中
2018/03/14更新

インド・シフト 世界のトップ企業はなぜ、「バンガロール」に拠点を置くのか?

217分

4P

  • 古典的
  • トレンドの
  • 売れ筋の
  • すぐ使える
  • 学術系
  • 感動する
  • ひらめきを助ける
  • 事例が豊富な
アマゾン詳細ページへ

これからはインドだ

今、世界のトップ企業は軒並みインドに研究開発拠点を設立している。2020年にはシリコンバレーを抜くと見込まれるインドのバンガロールの現状と可能性を紹介している一冊。


■インド・シフトとは
インド・シフトとは「インドにグローバル戦略拠点や研究開発拠点を置き、社内のトップ人材や資金といったりリソースを徹底的に投入する。そして、インドの高度IT人材と共に、インドから世界的イノベーションを生み出していくこと」。

ここ数年、世界のトップ企業は軒並み、このインド・シフトを進めている。こうした背景には、インドIT業界の急成長と激変がある。インドIT業界は元々アメリカ企業のシステム開発の下流工程を低価格で手がける「オフショア拠点」として発達した。しかし、近年は急速に力をつけ、下流工程だけでなく上流工程まで手がけるようになり、今や世界を相手に1540億ドル(約17兆円)のビジネスを展開するまでに成長した。大手インドITサービス企業は巨大化し、グローバル企業のインド開発拠点は増え続け、インド発のスタートアップ企業も急増している。そのIT技術力はシリコンバレーにも迫ろうとしている。こうした激変の中心地が、南インドの都市「インドのシリコンバレー」と呼ばれるバンガロールである。

超短要約

世界のトップ企業が「バンガロール」に開発拠点を置く理由は、以下の7点に集約される。

①世界最先端のITテクノロジーが集積し、高度な仕事ができる
②世界のITトレンドがいち早く読めるようになる
③ITエンジニアを必要なだけ雇用できる
④コストを抑えられる
⑤グローバル人材を獲得できる
⑥リバース・イノベーションを起こしやすい
⑦マーケットが今も右肩上がりで拡大中

著者 武鑓 行雄

元ソニー・インディア・ソフトウェア・センター 社長 ソニー入社後、NEWSワークステーション、VAIO、ネットワークサービス、コンシューマーエレクトロニクス機器などのソフトウェア開発、設計、マネジメントに従事。途中、マサチューセッツ工科大学に「ソフトウェア・アーキテクチャ」をテーマに1年間の企業留学。 2008年、インド・バンガロールのソニー・インディア・ソフトウェア・センターに責任者として着任。約7年にわたる駐在後、2015年末に帰国し、ソニーを退社。 帰国後も、インドIT業界団体でもあるNASSCOMの日本委員会の委員長として、インドIT業界と日本企業の連携を推進する活動を継続している。

この本を推薦しているメディア・人物

TOPPOINT TOPPOINT
帯
ビジネス・ブレークスルー代表取締役 大前 研一
ビジネスブックマラソン ビジネスブックマラソン
土井 英司

章の構成 / 読書指針

章名 開始 目安 重要度
はじめに p.5 3分
第1章 なぜ世界のトップ企業は「バンガロール」に拠点を置くのか p.19 15分
第2章 インドのシリコンバレー、バンガロール p.43 11分
第3章 激変するインドIT業界 p.61 35分
第4章 インドのスタートアップ p.119 30分
第5章 グローバル人材輩出国インド p.169 16分
第6章 インド発・世界的イノベーションの可能性 p.195 24分
第7章 IT分野での日印連携に向けて p.235 27分
おわりに p.279 2分

この本に影響を与えている書籍(参考文献、引用等から)

これからの経営は「南」から学べ 新興国の爆発的成長が生んだ新常識 これからの経営は「南」から学べ 新興国の爆発的成長が生んだ新常識
[Amazonへ]
リバース・イノベーション リバース・イノベーション
[Amazonへ]

ユーザーのしおりメモ (0)