今読むべき優良ビジネス書が
すぐ見つかり、読んだ本を
しっかり自分の知識にするサイト

本を検索する

カテゴリーから探す

人気のタグ

お知らせ


Android無料アプリ配信中
2018/02/08更新

テクノロジー・スタートアップが未来を創る: テック起業家をめざせ

196分

1P

  • 古典的
  • トレンドの
  • 売れ筋の
  • すぐ使える
  • 学術系
  • 感動する
  • ひらめきを助ける
  • 事例が豊富な

対象読者:

アマゾン詳細ページへ

起業のススメ

東京大学の人気講座・アントレプレナー道場の看板講師であり、自らも学生時代にACCESSを共同創業した著者による起業のススメ。
様々なスタートアップの事例を紹介しながら、起業するために必要な心構えやプロセスを解説しています。


■やる気になれば誰でも挑戦できる
イノベーションを引き起こし、ゼロから市場を開拓する、急成長を狙う企業体を「スタートアップ」と呼ぶ。日本では、ベンチャーという用語が広く使われているが、スタートアップは、より挑戦的に成長を目指すというニュアンスがある。社会に大きな変革をもたらすには、ある程度の規模が必要だ。中小企業にとどまらず、果敢に挑戦し続けるのがスタートアップである。

現在、起業するハードルが下がり、スタートアップはすべての人にとって、それほど遠い話ではなく、やる気になれば誰でも挑戦できるようになった。自分の技術やアイデア、経験を活かして、ワクワクするようなプロジェクトを起こすことは楽しいし、とてもやり甲斐のあることだ。そして、自分たちが生み出した製品やサービスを誰かが喜んでくれたり、社会の役に立つことが直接的に実感できたら、これこそ自分がやるべき仕事と思えるのではないだろうか。起業とは特別難しいものではなく、自己実現の手段であり、自分の能力で社会に貢献できる直接的方法だ。

超短要約

新しいレールをつくる側に回ろう。

著者 鎌田 富久

1961年生まれ。TomyK代表 ACCESS共同創業者 東京大学在学中にソフトウェアのベンチャー企業ACCESS社を荒川亨氏と設立。世界初の携帯電話向けウェブブラウザなどを開発し、モバイルインターネットの技術革新を牽引。2001年に東証マザーズに上場、2011年に代表取締役退任。 その後、ベンチャーを支援するTomyKを設立し、ロボット、人工知能、人間拡張、IoT(Internet of Things)、ゲノム、医療、宇宙などの先端テクノロジー・スタートアップを多数立ち上げ中。

この本を推薦しているメディア・人物

WEDGE WEDGE

章の構成 / 読書指針

章名 開始 目安 重要度
第1章 テクノロジーで世界を変える p.3 57分
第2章 大学発イノベーションの創出 p.81 25分
第3章 スタートアップ流モノづくり p.115 22分
第4章 起業家への道 p.145 26分
第5章 未来を創る p.181 33分
第6章 新しい時代に生きる p.227 7分

ユーザーのしおりメモ (0)