今読むべき優良ビジネス書が
すぐ見つかり、読んだ本を
しっかり自分の知識にするサイト

本を検索する

カテゴリーから探す

人気のタグ

お知らせ


Android無料アプリ配信中
2017/06/14更新

圧倒的な強さを築く オンリーワン差別化戦略

210分

3P

  • 古典的
  • トレンドの
  • 売れ筋の
  • すぐ使える
  • 学術系
  • 感動する
  • ひらめきを助ける
  • 事例が豊富な

対象読者:

アマゾン詳細ページへ

シリコンバレー以外の成功物語

革新的な製品やサービスで成功するのはシリコンバレーの企業だけではない。シリコンバレー以外の業界で成功している企業を事例に、企業やリーダーが成功するために大切なことを紹介している一冊。


■退屈している組織は成功できない
成功物語は、革新的技術を掲げる一握りのスタートアップや若い億万長者だけのものではない。可能性に気づくことができれば、どの業界でも新たな成功物語を生み出せる。たとえ変化の乏しい環境でありふれたものを提供していても、それらを傑出した製品・サービス・経験に変えることはできる。長年同じやり方を踏襲してきたのなら、むしろ抜きん出るチャンスはある。考え方次第で戦いを変えられるなら、旧態依然で凝り固まった業界ほど勝てる余地は大きいだろう。

ほとんどの企業やブランドが抱える問題は、破綻ではなく退屈だ。退屈している組織が大成功を収めることはない。顧客はもはや、ありきたりのやり方を受け入れない。並外れたものでなくては意味がない。どの業界でも、熱狂はすぐに退屈に変わり、退屈は苛立ちに変わる。驚かせて欲しい、ワクワクさせて欲しい、いつまでも記憶に残るものが欲しい。それが顧客の望みであり、企業が提供しなくてはならないものだ。

ビジネスの世界でありがちな失敗は、想像力が足りなかった時、度胸が欠けていた時、過去にとらわれてしまった時に忍び寄る。

超短要約

成功物語は、革新的技術を掲げる一握りのスタートアップや若い億万長者だけのものではない。可能性に気づくことができれば、どの業界でも新たな成功物語を生み出せる。

著者 ウィリアム C. テイラー

ビジネス誌『ファストカンパニー』共同創刊者 元『ハーバード・ビジネス・レビュー』(HBR)エディター。HBRのウェブサイト「HBR.org」に連載を持ち、『ニューヨーク・タイムズ』『ガーディアンズ』などにも寄稿多数。

この本を推薦しているメディア・人物

帯
経営コンサルタント トム・ピーターズ
TOPPOINT TOPPOINT

章の構成 / 読書指針

章名 開始 目安 重要度
プロローグ 成功物語はシリコンバレーにしかないのか? p.1 5分
1章 「競争」と「選択」は違う――顧客に差し出せる価値は何か? p.19 15分
2章 信じているものしか見えない――情熱、使命感、ひたむきな努力 p.41 17分
3章 専門性の「罠」を超えて――成功がアイデア発見を妨げる p.67 17分
4章 好奇心を解き放つ――〝初めて〟の数がモノを言う p.91 17分
5章 思いやりは、生産性の敵ではない――「感情労働」の重要性が増している p.117 17分
6章 企業は「愛情」を提供できるか――本当の幸せとは、どういうものか p.141 14分
7章 「セレンディピティ」を求めて――便利さより、衝突を重視する p.163 20分
8章 「勝者一人占め」に未来はない――誰もが同じ船に乗っている p.191 18分
エピローグ 成功への「8つの質問」 p.217 7分

この本に影響を与えている書籍(参考文献、引用等から)

インサイド・アップル インサイド・アップル
[Amazonへ]
ランディ・コミサー―あるバーチャルCEOからの手紙 ランディ・コミサー―あるバーチャルCEOからの手紙
[Amazonへ]

ユーザーのしおりメモ (0)